自己破産とは

任意整理をしても支払いきれないほどの債務が残ってしまった場合に

 裁判所に申し立てをして借金をゼロにする手続きです。

 裁判所は必ず自己破産を認めるわけではなく

 債務者の財産、職業、給料、年齢等から総合的に判断してきます。

自己破産の流れ

1.ご相談

  任意整理の可能性や、自己破産の可否を判断させていただき

  手続きの説明や、お客様の疑問・不安な点を解消いたします。

2.受託通知書の発送・取引履歴の開示請求

ご依頼いただいた場合は、債権者に対して即日受託通知書を発送いたします。

これにより、債権者からの取り立てがストップします。


3.利息制限法による引き直し計算

債権者から届いた取引履歴に基づき、

利息制限法による適法な金利での債務を算出します。

大幅な減額や過払い金が請求できる場合など、支払いが可能である場合は

任意整理の手続きに移ります。


4.自己破産の申し立て

裁判所に申し立て書を提出します。


5.裁判所の審理

裁判所が、申立人(債務者)が支払不能であるか判断します。

裁判所へ出向き、裁判官と面談することとなります。


6.破産手続き開始の決定

裁判所が支払不能と判断した場合、破産手続き開始が決定されます。


7.免責

  免責が確定することにより、債務が帳消しになります。

 

自己破産の費用